佐渡・新潟の旅

今年の夏旅は、一度は行ってみたかった佐渡へ。新宿からの夜行バスでスタート。バスタ新宿は初めて来ました。23:00発のバスで佐渡汽船ターミナルまで行くことができます。翌朝、5:00頃到着。6:00のカーフェリーに乗り込みます。両津港には、5分程遅れて8:35頃着。1日目は、路線バスで回ります。1dayフリーパスが1500円なので、これを利用します。8:40の路線バスで相川支所前へ。ここで乗り換え、尖閣湾揚島遊園へ。ここでは、海中透視船を楽しみます。きれいなところでした。ここは「君の名は」のロケ地でもあったんですね。
画像

バスで相川支所前へ戻り、乗り換えて相川郷土博物館へ。ここらあたりは、観光スポットが集まっているようです。
近くに北沢浮遊選鉱場もあります。
画像

バスを待つよりも歩いたほうが早そうなので、5分程で佐渡奉行所跡へ。平日ということもあり観光客はまばら、1人のために係の人が説明をしっかりしてくれました。
画像

近くには、佐渡版画村美術館も。バスの時間まで少しあるので、入ってみました。
画像

深夜バスで眠っていなかったので、早めに両津港へバスで戻り宿に入ることにします。夕食は近くの居酒屋へ。一緒になった観光客の人は、5日間もレンタルバイクで佐渡を回っている最中だそうでした。
次の日は、定期観光バスを予約しており、両津港で手続きをします。何と予約しているのは、私1人だそうです。結局、他に当日参加の人もおらず、タクシーでの運行となりました。タクシーを1人貸し切りの贅沢なことになりました。最初は、佐渡金山へ。佐渡に来たらまずここです。
画像

このコースは、佐渡にきたら、まず多くの人が行くであろう場所を1日で回れるコースとなっております。次は、西川ゴールドパークで砂金採り体験。結構、難しかった。それでも6個位採れました。
画像

次は、小木港でのたらい舟。すこしだけ漕ぐ体験時間もありましたが、うまく漕げませんね。器用に漕ぐ娘さんたちはすごい!
画像

昼食は、ぶりかつ丼です。昼食もついています。昼食も各施設の入場券もついて7500円でタクシー貸し切りですから、お得感半端ないです。予約者が1人でよかった。
画像

最後は、とき公園。一番楽しみにしていた場所です。
画像

ときを見るのが一番の楽しみと話していたところ、運転手さんがすこしだけ寄り道をしてくれて、自然のなかでよく見かける場所に行ってくれました。何と、5-6羽飛んでいる姿を見ることができました。双眼鏡で見る飛んでいるときの姿は、きれいでした。
両津港に戻り、16:05のカーフェリーで新潟港に戻ります。本日は、新潟駅前の安いビジネスホテルに泊まります。(3000円)夕食は、例によって近くの居酒屋へ。
最終日は、午前中、新潟市内を観光し、午後、新幹線で帰ることにします。
新潟市内は、観光循環バス(一日券500円)がありますので、これを利用します。
最初は、白山公園へ。県政記念館も隣にあり、合わせて見学しました。次のバスで移動し、旧斎藤家別邸へ。ここでは、係の人が30分位一緒になったもう1人の客と2人のために説明してくれました。
画像

再びバスで移動して、北前船の時代館へ。新潟といえば、やっぱり北前船の歴史でしょうか。
画像

お昼は、ピアBandaiにある食堂で海鮮丼。市場にある食堂なのでおいしかった。
画像

次のバスで万代シティに移動し、近くにある万代橋へ。
画像

新潟駅に戻り、新幹線で帰ることにします。自宅には、16時頃到着です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック