四国 松山~高知~徳島の旅(その3)

5/1

3日目。早いもので旅も後半戦。本日は、阿波池田まで行き、かずら橋や大歩危峡などを定期観光バスで回ります。朝、6:36発の電車で土佐山田まで行き、そこで阿波池田行きに乗り換え、9:00頃阿波池田へ到着します。観光バスは、10:40発なので駅周辺をぶらぶら。池田といえば、何といっても「やまびこ打線」の池田高校。校門前の看板だけ写真に記念に撮っておきましょう。
画像

このバスは、ボンネットバスで運行されます。レトロで良いですが、クッションは、今のバスと比較にならず悪いので、長時間の乗車はちょっと疲れます。運転手もパワステでないので、カーブが多いこのコースは大変そうです。バスは、まず、小便小僧のある西祖谷山峡へ。道路も狭く大きな観光バスは入ってこれない道だそうです。バスの座席が丁度渓谷側が見渡せる側だったのでラッキーでした。ここの小便小僧や近くの谷底までロープウェイで露店風呂に入りにゆくホテルは、よくテレビの旅番組で紹介されます。まさしく、最後の秘境と呼ばれるような秘境ですね。ここは、定期観光のようなものでしか来れません。レンタカーだとちょっと怖いです。
画像

バスの車窓からこの景色を眺めているだけで来る価値のあるところです。
昼食は、かずら橋近くのホテルかずら橋というところでとります。観光バスの料金に含まれております。この昼食は、お腹満腹になる内容でした。
画像

さて、ここからメインのかずら橋と大歩危の舟下りです。かずら橋は、わずか50m弱ですが、橋の板と板が隙間が大きく下が見えるので、皆、へっピリ腰ですね。結構、怖かったですね。景色は、最高です。
画像
画像

近くの平家屋敷を見学した後、大歩危の舟下りです。
画像
画像

川の上には、沢山の鯉のぼり。どうやって、ここに揚げるんだろうか?
これで、定期観光バスのコースは、終わりです。阿波池田駅に戻ります。ここから、本日の宿泊地、徳島駅へ移動します。徳島での夕食は徳島ラーメンを食べます。駅前の麺王という店に入りました。後で知ったら、ここは行列のできる店ということで、空港でも売っておりました。大変、美味しいラーメンでした。明日は、最終日。渦潮観光です。
その4に続きます。

"四国 松山~高知~徳島の旅(その3)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント