勝浦ひなまつりと南房総ぶらり旅

勝浦のビッグひなまつりは、まだ一度もみておらず、南房総も行ったことがないので、出かける前日にホテルを予約。安房白浜にある南国ホテル。ここのところ良く利用する伊東園ホテルグループ。部屋からの眺望がないということで、通常より千円安く、ネット割引と合わせて税込7000円也。
南房総フリーパスを購入して出掛けます。フリーパスと宿泊代でほぼ1万円。
7時過ぎに家をでて、勝浦駅に到着したのは、9時半過ぎ。勝浦の街は、この時期雛人形一色でした。ほとんどの店先には、雛人形が飾ってあります。メインは、遠見岬神社と芸術文化交流センター(Küste)
街中をぶらぶらしながら遠見岬神社へ。石段全てに雛人形が飾ってあり圧巻です。
画像

一通り街並みを散策したあと、無料のシャトルバスでKüsteへ。ここの規模は、段違いでした。
画像

シャトルバスで街まで戻り、11時も過ぎたので、勝浦タンタンメンを食べることにします。
画像

辛くて美味でした。
外房線に乗り、太海駅へ。仁右衛門島とフラワーパーク方面へ歩きます。仁右衛門島へは、電車時間の関係上、島へは渡らずに写真だけ撮ります。
画像

続いてフラワーパークへ。平日でもあり、客はほとんどいませんでした。花は色々咲いておりました。
画像

太海駅に戻り、館山駅へ移動。そこからJRバスに乗り安房白浜へ。途中、野島崎灯台で下車。
画像

ここからホテルへは、10分程度なので歩きます。南国ホテルは、初めてです。温泉は、やや温めで露天風呂は長湯しました。
次の日は、9時のバスで白間津のお花畑へ。花摘みの場所ですが、この後の手荷物になるので、写真だけ撮ります。
画像

バスで千倉駅へ行き、そこからJRを乗り継ぎ、浜金谷駅へ。鋸山ロープウェイに乗り、地獄のぞきまでゆくことにします。地獄のぞきに行くまでの階段が地獄でした。
画像
画像
画像

浜金谷から外房線に乗り、船橋駅には夕方到着。1泊2日のぶらり旅でした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック